So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ラグビー五郎丸歩、あのポーズの意味を明かす?! [芸能]

 日本代表が歴史的3勝をあげ、日本中が盛り上がったラグビーワールドカップ。なかでもキックをける前のあの「ポーズ」が話題になった五郎丸歩選手(29)の人気が凄いですね。

 一躍「時の人」となった五郎丸歩選手が、イベントであの「ポーズ」の意味について語っています。

305376_0_00.jpg
※http://www.concitpharma.com/?p=2458より

 五郎丸選手が登場したのは、28日都内で行われた映画「トランスポーター イグニション」の大ヒット記念舞台挨拶。五郎丸選手は日本版の主題歌を担当したEXILEのSHOKICHI(30)さんと共に登壇してイベントを盛り上げました。

 今一番旬な「時の人」の登場とあって、劇場には記者50人、ムービーカメラ15台が集まる人気ぶり。民法4局6番組が取材につめ掛けたそうで、配給会社は「近年まれに見るイベントです。出演者でもないのに」と、「五郎丸フィバー」の過熱ぶりに驚きを隠せなかったそうです。


スポンサーリンク







 「トランスポーター イグニション」は、車で依頼品を届ける運び屋が主人公の「トランスポーター」シリーズの4作目で、五郎丸選手は同シリーズの大ファンで過去3作品を全て見ているとの事。それに加え、今回の映画のサブタイトル「イグニション(火をつける、点火)」にちなんで、日本人の心に火を付け、映画の主人公のように(依頼品=ボール)を目的地に運び、仕事上のルール=ルーティンを持つ男ということで、今回のイベント登場となったそうです。

 その五郎丸選手の代名詞とも言えるキック前のルーティン「祈りのポーズ」。今回のワールドカップで一躍有名になりましたが、今回のイベントでも話題にあがったそうで、五郎丸選手曰く、あのポーズ自体にには、

「意味はない」そうです。

 ポーズ自体に意味はないそうですが、あのポーズを含めた一連の動きの中で、精神を統一して「自分でブレない時間を作り出す」ことが本質だそうで、ゴール成功率85%を目標に2015年のワールドカップに照準をあわせて4年をかけて作り上げたものだということです。
 
 五郎丸選手のルーティンはあのポーズだけでなく、ボールをセットする動き、ボールを蹴る前の立ち位置も全て含まれているようです。

 五郎丸選手の芸能イベント出演は今回が初めてで、「アウェー」での初陣に「試合より緊張しますね」と漏らしていましたが、国際舞台で鍛えられた精神力はさすがで、上記のようなルーティンに関する秘話を明かすなど、トークでしっかりとイベントを盛り上げてたそうです。





スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
乳幼児医療費助成

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。